ラクトフェリンの魅力|ダイエットに期待できるサプリメント

ラクトフェリンは食品からは摂れない?

ラクトフェリンの魅力

 

今日、ラクトフェリンは健康維持や健康なからだづくりに大いに役立つ成分として大きな注目を集めています。ラクトフェリンの効果効能には、免疫機能を向上させることでがん予防やいろいろな病気からからだを守ってくれます。また、抗菌・抗ウイルス作用があるので、風邪などの感染症へのからだの耐性を高めてくれます。加えて、ノロウイルスなどにも感染しないようにしてくれます。

 

さらに、活性酸素の働きを低減させる作用によってアンチエイジング効果や肌荒れ防止などの美容面においても高い効果効用が見込まれるものともなっています。このようにからだにとってとても魅力的でメリットのあるラクトフェリンは体内でも合成できます。しかし、体内で合成できるラクトフェリンはとても少量なので、成人が1日に必要なラクトフェリン量は、体内合成量だけではとてもまかなえません。

 

また、ラクトフェリンは体内に蓄積させるのがとても難しく、汗や涙などですぐに体外に排泄されてしまいます。そのことから、どうしても不足がちとなるラクトフェリンは他の方法で体内に取り込む必要があるのです。そこで気になるのがラクトフェリンの摂取方法となるのですが、食事からラクトフェリンを体内に取り入れることはできるのでしょうか?

 

ラクトフェリンは食品から摂れる!

 

ラクトフェリンは、日々の食事の食品から摂取できます。ラクトフェリンは母乳にたくさん含まれている成分であることから、牛乳を飲めばラクトフェリンは摂取できると考えてよいのです。

 

が、実は市販されている牛乳にはほとんどラクトフェリンは含まれていないと言ってよいのです。なぜなら、ラクトフェリンは非常に熱に弱い性質があることから、発売されているたいていの牛乳は、高温殺菌されているので、その過程でラクトフェリンの成分は壊れてしまうからです。そのことから、無殺菌の牛乳ならラクトフェリンは配合されていると考えてよいでしょう。

 

また、ラクトフェリンの配合を明示している乳製品となるスキムミルクなどならラクトフェリンの摂取は可能です。他にラクトフェリンが含まれている食品は、チーズやヨーグルト、プリンなどが挙げられます。これらの食品は乳製品となるのでラクトフェリンの摂取は可能です。

 

しかし、販売されているたいていのチーズやヨーグルトは熱殺菌されているのでラクトフェリンは壊れていると考えられます。でも、チーズではゴーダチーズやチェダーチーズなどのナチュラルチーズは、熱殺菌されていないのでラクトフェリンは摂れます。

 

が、そうであってもナチュラルチーズに含まれているラクトフェリンは、100g当たりたった0.3gくらいの極めて微量のラクトフェリンしか摂れないのです。一方で、ラクトフェリンを多く含んだ食品はあります。それは森永乳業から発売されている乳児用ミルク【はぐぐみ】です。

 

でも、大人が乳児用ミルクを飲むのは些か考え難いものです。以上のことから、食品からラクトフェリンを摂るのは不可能ではありませんが、かなり難しいと言えます。しかし、健康食品や機能性表示食品の中にはラクトフェリンの配合を謳っている食品はあると思うので、そのような食品に限定するかたちで利用すれば食品からラクトフェリンを摂ることは可能と考えられます。